2020年6月1日に広東省へ向かって、久しぶりに工場見学の旅に出ました。

ILdollのでの見学は今から簡単に皆さんにシェアします。

①メイク(ボディ分)は調整可能です。今は欧米向けのメイクは流石に濃く過ぎます。アジア向けのボディ塗装なら浅くしてます。また前回会社に届いたドールのボディ塗装は今回サンプルのボディメイクとも違います。勿論、デフォルトメイクは今度会社に届いたボディを標準にします。

②素材は選択可能です。シリコンは低反発シリコン、プラチナシリコン二種類選択可能です。今のデフォルトは低反発シリコンです。もしご指定の場合、プラチナも可能です。

③ボディデーターを直します。160cmボディと思ったが、メーカーの話によると、実に156cmでした。この快楽園が図ったことがないため、間違いました。

④ボディの体重について、例えば、156cmボディのデータは28kgで、今度会社に届いたボディと一緒な加工すると、30kgとなる、またプラチナシリコンに変更すると、また重くなり、32kgぐらいとなります。

⑤tpeのボディの柔らかさもいつも通りのtpeのボディの柔らかさではなく、シリコンボディの柔らかさに近いです。ボディメイクを考慮してるからです。柔らかくも可能です。今のtpeの油の量の単位は9なので、10までに増やしていけば、柔らかく可能です。11までに増やしていけば、超柔らかくします。勿論、そのブリードも大変となる故、普通は10でオーケーです。

⑥ヘッドとボディの一番いいバランスは1:7です。例えばヘッドの高さは20cmの場合、一番バランスいいボディは160cm前後です。20+20x7=160cm。ボディが少し低くても構わないですが、高くなると、例えば、170cmボディにすると、ヘッドが小さく見えるため、違和感出ます。勿論、ロングウィッグをかぶせると、実に、試してみたが、その違和感が特に見えないです。

また別の話もしたが、将来また追加します。

コメント