2020年5月27日午後、ILDOLLのドール一体会社に届きました。これで、やっとILDOLLについてレビューできるようになりました。

  ILDOLLはtpeドールもシリコンドールも製造販売してるドールメーカです。今回会社に届いたドールはILdollの身長160cm・素材低反発シリコン・超リアルメイク型のドールです。以下のレビューは全てこれを前提として書いたことです。tpeドール、またシリコン普通型、プラチナシリコン素材に通用しないことを、ご注意くださいませ。

  ①素材:低反発シリコンです。この素材では、変形しやすくない、ちょうどいい柔らかさ、ブリードが少ない、塗装が落ちにくいとのメリットがあります。その耐久性、またブリードについての検証が時間かかりますので、これから引き続きのフォローさせていただきます。

  ②ボディの柔らかさ:低反発は元々硬い素材のイメージだったので、この柔らかさにすごく驚きました。はっきり言うと、rzrdollまたsinodollに負けます。でも、そんなに差がないと思います。ちっぱいでももう十分柔らかいので、155cmの巨乳ボディ、またゲル込みの場合、その柔らかさではスゴイに見えます。sinoとrzrdollより、ほんの少し硬い感じです。また首は肩より、ヴァギナに近いお腹は乳房に近いお腹、腰に近い太ももは膝に近い太ももより、やや柔らかい感じです。

  ③ヘッドの柔らかさ:ヘッドは今では、一番柔らかいと思います。sinodollのヘッドは元々一番柔らかい感じですが、リアルさのために少し硬く調整した故、今では今度のildollの方が柔らかいです。特に目の辺に柔らかすぎます。また口のホールがあって、鼻の辺にも柔らかくて、力を入れるとすごい変形します。sinoの口も使えますが、ildollの口のホールが少し上に斜めていく感じなので、鼻の辺にildollの厚みがsinoより少し薄い、またildollのヘッド元々柔らかくしたからです。

  ④ヘッドのメイク:ヘッドでは、超リアルメイクが無さそうです。今度のヘッドが三つありますが、一つのヘッドは顎、アイシャドー、ノーズシャドー、眉毛がピカピカ光ってる感じです。光の反射がよく抑えて内容です。メーカに確認したら、それはベビーパウダーをかけてみたら、すぐ消えます。この快楽園の実験では、確かにベビーパウダーをかけると、そのピカピカ光ってる感じが完全に消えます。この方法がほかのドールも通用可能です。

  ⑤ヘッドのジョイント:ildollのジョイントは他シリコンドールと同じ、m16ジョイントではなく、差し抜き式のジョイントです。ただし、ヘッドの分はネジ式です。試してみたら、m16のネジです。つまり、m16ジョイントのボディとの通用性がかなり高いです。またドールに付いてるジョイントはネジがヘッドと組立、また首に載せる順です。逆となると、ネジ側が先にボディに挿入したら、かなり取り出しにくいです。

  ⑥匂い:箱を開けたとき、すごい臭いが出た、これはシリコンですか、なんと低品質かと思ったが、取り出して数分間でその匂いが無くなりました。それが梱包の匂いに見えます。

  ⑦ボディ塗装:ildollのボディ塗装はかなり完成度が高いです。かなり自然です。人肌に近いです。『あ、その血管がすごく綺麗』より『あ、そこに血管あるね』という自然な感じです。あるべき物があり、なしべき物が無しの状態です。掌と足裏だったら、少し残念です。掌にも人のようにちゃんとライン三つあります。また他の小さなシワですが、サイズとして掌が少し小さい。ボディ塗装の完成度がかなり高いですが、掌と指のシワを見れば、やはりrzrdollを負けると思われます。足裏だったら、今度の足はボルトアリタイプの足で、参考にならないですが、xycolodollまたrzrdollは足裏までちゃんとシワ作ってます。Ildollはなしです。ボディ塗装の完成度が高いため、すごく期待となりがちで、そこそこだと『あと一本』の悔しみが出ます。因みにildollのシリコンドールは普通型の納期は一週間ぐらいです。超リアルメイクは一ヶ月ぐらいです。

  ⑧足:ildollの足はかなり柔らかいです。それはボルトありの自立タイプからです。暫くサイトに載せてないですが、実にボルトなしの自立加工も可能です。

  ⑨足の膨らみ:今まではほとんどのドールメーカーが120°前後をもとにづいて、設計してるゆえ、ちゃんと90°させて、立たせると、足の夾角が多少膨らんだりします。今度ildollのボディは最初から90°で設定したゆえ、その足の膨らみが完全に消えてます。綺麗にしてます。90°にすれば、立つと足の膨らみはでないこと、誰でも分かると思います。それなのに、何故、皆120°にしたか、それなりの理由があります。例えば、良品率とか。とりあえず、ildollがその難問を乗り切れておめでたいことです。足が普通見ないため、特に大したことではないですが、写真派には向いてます。

  ⑩ハイヒール:元々、120°の設計だと、ハイヒールを履いたら当然なことで、90°にしたら、元々膨らむところが引っ張るから裂けるリスクあるだと思ったが、例えば、万歳も素材が引張てるから裂け易い、実物触ると、全然大丈夫と思います。その素材が引っ張ってることに見えないです。もちろん、メーカーに確認したら、ハイヒールの高さは5cm前後で抑えて欲しいです。6cmまたそれ以上だと、お勧めはしないです。

  また何かについて、工場見学の時確認させていただきます。行くべき工場が結構多いなので、ildoll反半日ぐらいしかなくて、時間的に、かなり厳しいです。。この快楽園が行く前に、詳しく知りたい方がいれば、是非コメントお願いします。

  来週は一週間見学のため、来週の対応がかなり遅くなり恐れがアリ、どうか、お許しを。

コメント